▼NHK:公共放送は必要か?NHKのHPには以下の回答が。

>TOP
NHKのHPより

  • 公共放送は必要であると考えています。
    インターネットの利用拡大やモバイル端末の急速な普及により、さまざまな情報が瞬時に人々の間を駆けめぐり、多種多様な情報が国境を越えて激しく行き交う時代に入りました。一方で、不確かな情報の拡散や、お互いの“つながり”の希薄化を指摘する声もあります。広く世界や日本の課題を共有化し、正確な情報で人と人を互いに“つなぐ”というメディアの公共的な役割が、ますます重要になっていくと考えます。
  • 公共放送であるNHKの使命や役割は、視聴者のみなさまからいただいた受信料をもとに、放送の自主自律を貫き、視聴者の判断のよりどころとなる正確な報道や豊かで多彩なコンテンツを全国で受信できるよう放送することで、「健全な民主主義の発達」や「公共の福祉」に寄与することです。 緊急災害時には大幅に編成を変更し、正確な情報を迅速に提供するほか、大河ドラマや紅白歌合戦のような関心の高い番組だけでなく、教育番組や福祉番組、古典芸能番組など、市場性や視聴率だけでは計ることの出来ない番組も数多く放送しています。これは広告料を主な財源とする民間放送や、税金で成り立つ国営放送ではなく、視聴者のみなさまに負担していただく受信料で成り立つ公共放送だからこそ実現できるものと考えています。…続きはNHKのHPへ

▼NHKは特殊法人

NHKについては、ウィッキペディアを見れば大概の事は記載されている。
NHKは国営放送ではなく、公共放送である。
公共放送が必要かどうかは、結局視聴者が決める事ではないのか?

・もし明日から誰も地上波を見なくなったら?
・家やマンションのアンテナを撤去したら?

あり得ない事だが、NHKは不要となる。いくらNHKが公共放送は必要だ!とうたった所で誰も見なければ(必要としなければ)もはや必要でなくなるのだ。

もちろん直近でそんな事態が起こる事は無い。
いくらネットが進化してもテレビを見る人はいるし、必要性は金に物を言わせ訴えてくるだろう。既得権益は骨の髄までしゃぶりつくすものである。ただニーズは少なくなっていく可能性はある。

それはポケベルが無くなったように。
テレホンカードが無くなったように。
ハガキが減ったように。
ガラケーが少なくなったように。

公共放送のニーズが減る事はある。
必要性や価値は自分が決めるものでなく、他人が決めるものである。

俺は価値がある人間だ。といった所で誰も認めてくれない人間は多い。
NHKも然りである。NHKは公共放送を流すために必要であるといくらうたっても、誰も見なくなったらもはや不要である。

逆に言えばNHKは必要だと国民すべてが望めば、それは必要という事である。

▼ 公共放送は不要だ!

と思うのであれば、NHKは見なければいい。
もちろん民放だけ見ていても受信料は支払わなければならない。NHKは見ないから受信料は支払わないは通用しない。ただ地上波を受信しなければ。つまり受信設備を設置していなければ受信料は支払う必要は無い。
もしNHKは見ないから、受信料は支払いたくない!
というのであれば、受信設備を設置しなければいいだけの事だ。

上に戻る