▼NHK受信料を支払わない方法完全版

>TOP
地上波・衛星を見ているなら払え!

よくNHK受信料を払わないで済む方法は!?とありますが、受信料は地上波や衛星を受信できる環境を設置し視聴している時点で支払い義務が生じます。
つまり受信できる環境であるのに、
・NHKは見ない。
・マンションでテレビがあるのにテレビは見ない。
・ワンセグ受信機を持っている。
・ケーブルテレビでの受信。
等は受信料の支払い義務が生じる。

もちろんカーナビ、携帯などのワンセグに関しては2017年現在、裁判がおきている程グレーではあるが、NHKの主張としては支払い義務があるという事である(各種メディアでも書かれていますが、2017年NHKに確認したので現状はそのようです)。

とどのつまり、地上波や衛星を見ているのであれば受信料は払えという事。やれNHKは見ないだの、テレビが無いだの言ったところで、見ているなら払うべきである。
実際アンテナやケーブルを引いていて、液晶テレビを設置しているのであれば、ぶっちゃけ見ているでしょ!?見てないわけないよね。ってとこである。

▼受信料を払いたくなければ見なければいい!

【受信料を合法的に払わない方法は見ない事】
地上波や衛星を一切見なければいいだけの話。
具体的な方法として、アンテナやケーブルを引かない。もしくはチューナー付きテレビを設置しない。以上である。これで100%合法的に受信料を支払う必要は無い。
NHK受信料の徴収員がしつこく来ても堂々としていればいい。むしろ強気で行けばいい!何せ地上波や衛星自体を見ていないのだし、見る装置自体を設置していないのである。それでもしつこく徴収員がくるのであれば、名前を確認しNHKに電話をすればいい。
100%これで来なくなる。これは自分自身体験したことですが…確かに徴収員は怖いし、しつこい。ガチで頭イカれているだろ!っと思った。とりあえず常識が無い奴でした。

▼地上波に代わるものはネットで十分

ここらで考えて欲しい。NHKの受信料を支払う位であれば、ネットで有料コンテンツを購入して必要な情報を得たほうが合理的である事を。
実際NHKの受信料を支払いたくないという人で本当にNHKを見ないという人もいるだろう。それであれば尚更、合法的に地上波自体を見なければいいだけだ。

2017年現在であれば…アメバTVで十分。
あとは、ネット配信の有料コンテンツやAmazonのFIRETVで十分。また民法のオンデマンドコンテンツや無料コンテンツも豊富である。暇つぶしで見たいというのであれば、コンテンツはどんどん増えていくので物足りないという事は無い。
実際ニコ生やYOUTUBEなどを見ていればあっという間に時間が過ぎる。
また地上波よりレスポンスが早い、TwitterやインスタなどのSNSを使えば情報をいち早く得られる。もちろんフェイクなニュースもあるが、それこそフェイクニュースに踊らされる人種は、ライトユーザーであって、使い慣れている(使いこなしている)ユーザーは、完全にスルーである。

▼受信料は視聴しているなら払う義務がある。
地上波や衛星を受信し視聴しているのであれば当然支払いの義務はある。
ただ怪しい徴収員や舐めた口調の徴収員に対して、インターホン越しに断るのは可能だ。当たり前だが、NHKの徴収員は玄関内すら勝手に入る権限なんてない。もし勝手に入ろうとしてきたら、それこそ即警察に通報をすればいい。

もちろんソコまでしなくてもいいと良いと思う方は、しっかり対応をすればいい。
ただまともな口もきけない民度の低い徴収員はいる。こいつらの相手は本当に避けたほうが良い。NHKの受信料は何度も言うがHPから手続きが出来る。
▼NHKの決算

NHK決算開示のHPより
平成28年度単体決算
■事業収入は、205億円増の、7,073億円。
このうち受信料は契約数件数の増等により144億円の増収、その他事業収入は子会社等からの受取配当金や固定資産売却益の増等により60億円の増収。
■事業支出は国内放送・国際放送の充実やリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送の実施等により、212億円増の6,793億円。
■事業収支差金は、7億円減の280億円。
■事業収支差金の280億円は、80億円を建設積立資金に繰入れ(28年度末残高は1,707億円)、200億円を財政安定のための財源として繰越し(28年度末残高は957億円)

上に戻る