▼マンションでテレビがあっても受信契約をしない方法

>TOP
マンションでテレビを設置していれば受信料は支払う。
義務であるから当然です。
そこでテレビを見てない。
NHKは見ない。
なんて言っても通用しません。正直テレビを設置していて本当に視聴していないなんて…ないですよね。見ているからNHKの回収スタッフにキョドってしまう。

ただもし、本当にテレビは有るけど全く地上波を視聴しない。そして受信料を支払いたくないというのであれば、手っ取り早くTVチューナーの入力端子をぶっ壊せばいい。

▼ TVの入力端子に接続出来なければ物理的に受信が出来ない。

端子の壊し方は色々あるが、

とにかく物理的にケーブルをさせ無くして、
受信できなければいいのだ。
これによりテレビは単純に、「ディスプレイ」となる。

テレビは見れなくても今のテレビには
・HDMI端子口
・LAN端子口
・USB端子口
・ディスプレイ端子口
が普通に付いている。

ゲーム用、PC用、FIRE TV、APPLE TV、オンデマンド放送受信機etc用のディスプレイとして十分使える。

▼ 後ろめたさがあるから受信料回収スタッフに腹が立つ。

テレビをいくら見ていないと言っても、実際は1週間に1時間位は見ているのでは?
だからこそ受信料は支払いたくないし、「ほかにも支払っていない人がいるのに何で自分だけ!?」と思って腹が立つのだろう。ただ受信して視聴しているのであるなら受信料は支払うのは義務なのだ。

▼ 回収スタッフ:都心のマンションはインターホンで無視が基本。

実際自分は都心のオートロックのマンションに住んでいたが、ほとんどの人が対応していなかった。もちろんテレビを設置していない人ばかりなのかもしれないし、一人暮らしの女性なんかは誰であろうと知らない人には対応できない事情があるだろう。

とにかく帰宅時に部屋番号を片っ端から押して、身分証明のようなものをカメラに向けて呼び出しをしている人を何度も見た。
何度も見たが…1階のドアが開くのを一度も見たことは無かった。

※自分が見た時の感想であって、他では分かりません。またマンション住まいでテレビを設置している人、いない人の比率を自分は全く知りません。
案外…自分もテレビを設置していなかったのですが、他の人もテレビを設置していなかったのかもしれません。

とりあえずいえる事は視聴しているなら受信料は支払いましょう。
手続きはネットから出来ますよ。
上に戻る